ねこぢる&ねこぢるy展

「ねこぢる生誕50周年記念 ねこぢる&ねこぢるy展」に行きました。

「ねこぢるうどん」や「ぢるぢる日記」の原画をみると、「やっぱ太い線でバチーンとつきぬけてるにゃーことにゃっ太最高っす!」と思い、最近描かれた大きい絵の作品をみると、「なんかしっとりと、いろいろゆるしてくれそうなにゃーことにゃっ太、たまらんっす!」となった。昔のも今のも、やはりどちらもにゃーことにゃっ太で、光の当たる角度が少し変わったみたいなかんじなのかな、と思った。

あと、南国っぽい絵で、にゃーこ、にゃっ太と一緒に、そせじの二人を思わせる女の子たちが描かれているものがあって、新たな世界が始まっているのを感じた。これからもあたらしいにゃーことにゃっ太が観たいです。

「生誕50周年」の絵は、やはりグッとなりました。

 

カレンダーをめくる

今年のカレンダーはひろせべにさんのです。かわいい…。
去年の個展のとき買ったのです。
1月の絵も好きだけどもうお別れ〜
こないだ年が明けたと思ったら、早いですな〜。

そういえば、去年のひろせべにさんの個展、ギャラリーも素敵だったんでした。
元はお蕎麦屋さんだった所だそうで、建物がかっこいいし、
イベント的にお蕎麦も数量限定で出したりして、
ギャラリー内に麺つゆのいい匂いがしていたのでした。
作品とそういうのが全部混じって、とっても居心地のいい、楽しい空間でした。

↑  入口にこんなお方がいたりして…
空間全部が胸キュンでありました。

杉森さんの『東京弁当生活帖。』

前の職場でたいへんお世話になった先輩・杉森さんの本が出た。めでたい!
『東京弁当生活帖』という、お弁当の本。人気ブログが本になったのだった。

お弁当の写真を眺めていると楽しい…食べたい…

一緒に働いていた頃、会社のなんかの研修で、性格診断テストみたいなのをやった時に、たしか杉森さんは「お祭り好きな猿」みたいなやつになっていて、納得というか、とにかく楽しいことに労をいとわず、会社でもいろんな行事にて率先して汗をかいておられる先輩だったので、「私も汗の似合う大人になりたいものだ…」とたいへん勉強になったのでありました。

そんな杉森さんがにじみ出ている、楽しげな本です。