「もちが焼けたよ」第20話

放電横丁に、「もちが焼けたよ」の第20話が掲載されました。

よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

歯が痛くて歯医者に行ったら、小さい虫歯もあったにはあったんですが、主な痛みの原因は、歯の「くいしばり」でした。「生活の中で、食いしばらないように気をつけてみてください」といわれて、気をつけてみると、たしかによく食いしばっています。寝ているときにも食いしばっているようです。

無駄にくいしばったりしないで、ここぞという時にくいしばりたいものです。

6月

先日、ビリケンギャラリーでやっていた、コマツシンヤさんの展示を観ました。好きな絵ばっかりでした。とくに好きだったのは、夏の夕方っぽい絵で、ロケットが飛んでいくやつです。日が暮れるころの空の色が、たまらぬかんじでした。

前にアックスの特集でコマツさんが「夏の風景は好きなんですけど、暑いのは苦手なんです」みたいなことをいっていて、それ以来、コマツさんの夏の絵をみると「こんなに夏っぽいのにこれを描いているのは暑いのが苦手なお方なんだ…」と思い出して、ちょっとおもしろいです。

いい絵ってどういうのだろうと、たまに考えますが、「絵の中の世界に入りたくなる絵」というのも、そうだなあと思いました。

秩父ゆき

先日、後藤さん小口さんと一緒に、秩父へ山登りに行きました。

登ったのは宝登山で、標高497mです。登山というか、ハイキングみたいなかんじのコースで、普段着のおばあさんや幼児がお散歩、といった風情で歩いていました。

私にはこのくらいの山がちょうどいい…と思いました。あんまりガチな山だと、ハアハアしちゃっておしゃべりを楽しむ余裕などもなくなりますし…。緑の中のなだらかな傾斜…なんなら、平らな森くらいじゃないんだろうか…私が歩きたいのは…と思いました。

小口さんが、毎年梅シロップを作っていて、それをソーダ割りにして飲んだり、かき氷にかけて食べている、という話をきいて、私も作りたくなりました。

山の上にはツツジがたくさん咲いていました。
往復2時間弱くらいで登山を終えたので、そのあとは長瀞の町で、
みそポテトや炭火で焼いたおまんじゅう、くるみそばなど食べたり…

ラインくだりで荒川の水を浴びたりもしました。

岩畳通りのお店でかき氷を食べたとき、後藤さんが「こんなおいしいかき氷初めて食べた〜!!!」と、雄叫びをあげました。わたしもそう思いました。そして巨大でした。3人でひとつを食べたのですが、それでちょうどよかったです。周りもそういうかんじで、二人でひとつとか、家族でひとつとかを食べていました。

長瀞の街にはツバメがやたら飛んでいて、「…天国?」と思いました。
かき氷をたべたお店の中の時計にも、とまっていました。

ドラマ「あなたのことはそれほど」で、東出くんが「ツバメの巣、発見!」と言っていたのを思い出しました。