2017-05-22

秩父ゆき

先日、後藤さん小口さんと一緒に、秩父へ山登りに行きました。

登ったのは宝登山で、標高497mです。登山というか、ハイキングみたいなかんじのコースで、普段着のおばあさんや幼児がお散歩、といった風情で歩いていました。

私にはこのくらいの山がちょうどいい…と思いました。あんまりガチな山だと、ハアハアしちゃっておしゃべりを楽しむ余裕などもなくなりますし…。緑の中のなだらかな傾斜…なんなら、平らな森くらいじゃないんだろうか…私が歩きたいのは…と思いました。

小口さんが、毎年梅シロップを作っていて、それをソーダ割りにして飲んだり、かき氷にかけて食べている、という話をきいて、私も作りたくなりました。

山の上にはツツジがたくさん咲いていました。
往復2時間弱くらいで登山を終えたので、そのあとは長瀞の町で、
みそポテトや炭火で焼いたおまんじゅう、くるみそばなど食べたり…

ラインくだりで荒川の水を浴びたりもしました。

岩畳通りのお店でかき氷を食べたとき、後藤さんが「こんなおいしいかき氷初めて食べた〜!!!」と、雄叫びをあげました。わたしもそう思いました。そして巨大でした。3人でひとつを食べたのですが、それでちょうどよかったです。周りもそういうかんじで、二人でひとつとか、家族でひとつとかを食べていました。

長瀞の街にはツバメがやたら飛んでいて、「…天国?」と思いました。
かき氷をたべたお店の中の時計にも、とまっていました。

ドラマ「あなたのことはそれほど」で、東出くんが「ツバメの巣、発見!」と言っていたのを思い出しました。

 

タグ: