2017-03-12

春よ〜

あちこちで、沈丁花が咲いている。
沈丁花をみると、もれなくユーミンの歌う「じ〜〜ん〜ちょうげ〜〜〜」を思い出してしまう(「春よ、来い」のやつ)。思い出さなくてもいいんだけど…。

こないだ、ビリケンギャラリーで、近藤ようこさんの個展「物語る絵2」を観ました。艶っぽく、その場の匂いがしてきそうな絵でした。でもさらっと描かれていそうにみえる。不思議です。この、さらっと描かれていそうにみえる、というのが、なにか重要なのではないかと、最近思います。

同じ日に、アートコンプレックスセンターで、「井上洋介 没後1周年 大誕生会」も観ました。なんというか、すごかった。くまの子ウーフ的な絵はいっさいなかったけど、くまの子ウーフの絵の、かわいいけどかわいいだけじゃないよね…みたいなやつの、源をのぞいた気がしました。あと、作品が、描かれた年代順に並んでいたので、若い頃から順番に観られたのもおもしろかったです。晩年になるにつれて、ユーモラスな部分がにじんでいるような印象をうけました。

それにしても、アートコンプレックスセンターって、初めて行ったけど、かっちょいい建物が、いきなり住宅街の中にあって驚きました。どっかのおしゃれな丘の上にありそうな建物でした。

タグ: